高齢者の室内での熱中症 TV朝日スーパーJ チャンネル

高齢者の室内での熱中症に関して、TV朝日のスーパーJ チャンネルで取材、コメントさせて頂きました。熊谷の2名の高齢者住宅にお伺いし、診察および室内の状況を拝見させて頂きました。更に、池袋のクリニックで今年2回熱中症になった患者様からお話しをお伺いしました。
高齢者は水分摂取が総じて少ないこと、30℃でも耐えられない暑さと感じにくいこと、我慢強いことは共通していらっしゃいます。昨年までウオーターサーバー使用することでこまめに水分補給していたのが、今年はウオーターサーバーがなくて、水分補給が遅れがちという方もいらっしゃいました。
TVなどから知識を得ている方は多いのですが、更に更に、情報をお伝えする必要があるのかもしれません。

8月11日




熱中症対策 TBS-MBSサタデープラス

TBS-MBSサタデープラスで熱中症対策に関して、コメントさせて頂きました。
氷袋で冷却するのは、太い静脈のあるところ、頸部、腋窩、鼠径部です。
頸部でも誤解されやすいのは、太い血管は首の後ろでなく、横やや前側に位置しております。太い血管で血液を冷却できれば、全身に血液が流れて体温が低下するのです。

8月3日



有効な水分補給 TV朝日羽鳥慎一モーニングショー 

TV朝日羽鳥慎一モーニングショーで、熱中症予防の有効な水分補給に関して、コメントさせて頂きました。普段の水分補給は水でいいのですが、汗のかきかたで、スポーツドリンクや経口補水液が有効になります。汗は99%が水、残りの1%の多くがナトリウム、そのほかにカリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが含まれます。
アルコールは利尿作用が強くで脱水となります。コーヒーや緑茶などのカフェイン入り飲料は利尿作用は弱いので、嗜好品としては問題ないと考えます。理想的には、ミネラルの入った飲料として麦茶やルイボスティー、コーン茶も有効です。
特に夜間の汗対策として、寝る前と起床時にはコップ1杯の水を飲んでいただきたいのです。

8月2日


暑熱順化と熱中症 TBSビビット

TBSビビットで、暑熱順化と熱中症に関して、コメントさせて頂きました。
今年の梅雨は寒かったため、我々は夏の身体、汗をかいて体温調節する身体になっておりません。春から急に猛暑になったような梅雨明けですから、熱中症のリスクが高いのです。
今からでも、夜の涼しい時間帯のwalking、39~40℃での入浴で汗をかく身体づくりが大切です。

8月1日


サーファーと納豆アレルギー TBS林修の初耳学

TBS林修の初耳学で、サーファーと納豆アレルギーの関係をコメントさせて頂きました。
サーファーはクラゲにかまれることが多く、クラゲのタンパクが、納豆アレルギーを生じる物質とタンパク構造が似ているため、納豆アレルギーを生じる頻度が高いのです。
同様な交差抗原性では、ペットのマダニにかまれると、牛肉アレルギーを生じる可能性もあるのです。ここ数年で医学論文として報告されております。

8月1日