抗原迅速キットとPCR 唾液検体への期待 TBS新情報7daysニュースキャスター

TBS新情報7daysニュースキャスターで新型コロナウイルスに関する抗原キットに関してコメントさせて頂きました。
抗原キットは迅速検査として期待されます。抗原キットでは感度はPCRより低下しますが、30分以内に診断可能、コストも抑えられます。偽陰性の可能性もありますので、抗原キットで陰性の患者さんはPCR検査を行うという流れが考えられているようです。
ただし、鼻咽頭ぬぐい液での検査という点では抗原迅速キットもPCRも同様です。ただし、海外で複数の論文報告で認められつつある、検体として唾液を使用することによって、検査体制の強化、院内感染防止、保健所の業務過多に大きく役立つものと考えます。

5月16日





教えてもらう前と後 TBS-MBS

TBS-MBSの教えてもらう前と後で、中継にてコメントさせて頂きました。
新型コロナ患者急増でスタジオにはMCの博多さんの2名のみ、コメンテーターのタレントさん不在で、池袋と中継でつないでくださりました。
マスク不足でのマスクを長持ちさせる方法、少しでも免疫アップするための睡眠などの生活習慣をコメントさせて頂きました。コロナウイルスではありませんが、ライノウイルスでは、睡眠時間7時間に対して、5~6時間だと4.2倍感染、4~5時間だと4.5倍感染するというデータがあります。
マスクでの飛沫感染対策、手洗いでの接触感染対策、部屋の換気のほか、食事、睡眠、軽度の運動、ストレス対策などの生活習慣はやはり重要と考えます。

4月18日


このまま放っておくとヤバイ芸能人が集結!春の芸能人余命宣告3時間スペシャル 名医のTHE太鼓判

3月2日のTBS名医のTHE太鼓判は、
このまま放っておくとヤバイ芸能人が集結!春の芸能人余命宣告3時間スペシャル
です。
余命に影響のある脳、首、心臓、血管、胃、肝臓、食道、大腸、肺と体の隅々までを検査してみた「人間ドック」の結果と日頃の食生活をもとに、医師団が身体に問題を抱えた芸能人にズバリ余命を宣告。さらに、生活習慣を含めた改善方法をレクチャーしていきます。過去の「余命宣告スペシャル」で、余命3年と告げられていたクロちゃん。乱れた生活習慣を見直し、健康的な生活を送っていると宣言するクロちゃんの余命は延びたのか!?
ほか、「THE W」での優勝以降、引っ張りだこの女性芸人・3時のヒロインの3人の驚きの食生活も明らかになります。
月曜日夜7時から、お忙しいとは存じますが、御覧頂ければ幸いです。

3月1日




新型コロナウイルス肺炎 TBS 新情報7 days ニュースキャスター

TBS 新情報7 days ニュースキャスターで、新型コロナウイルス肺炎に関して、コメントさせて頂きました。
2月13日木曜日に日本人初の死亡者がでたこと、関東、関西で中国と関係ない方の散発的な発症が複数報道されたことから、患者様からの問い合わせが増えております。
また、他院で肺炎と診断されて、改善悪く紹介頂いた結果、マイコプラズマ肺炎だった方もいらっしゃいました。インフルエンザ、マイコプラズマ、肺炎球菌、レジオネラまでは検査し、喀痰が膿性でなく透明な場合、血液検査で白血球が増加していない肺炎では、新型コロナウイルスも鑑別にいれないといけなくなります。
現状では保健所に依頼して、国立感染症研究でのPCR検査が可能かどうかということになります。民間の検査会社に直接依頼してのPCR検査が可能になれば、更には、クリニック内での迅速検査が可能になれば、まずは、皆さまの心配をある程度払拭できると考えます。

2月15日



花粉症対策 TV朝日 中居正広のニュースな会

花粉症対策としてTV朝日 中居正広のニュースな会でコメントさせて頂きました。
今年は昨年の冷夏の影響で花粉飛散量は少ないといわれておりますが、昨年の大量飛散で抗体陽性となっている方は多いと予想できますので、とても心配なシーズンです。
重症花粉症の方にはゾレアという抗体製剤が保険適応になりました。
抗アレルギー薬と点鼻ステロイド使用してもコントロール不良の重症、血液検査でクラス3以上の方には保険適応があります。月1~2回で1回、保険3割でも3万円程度しますから、慎重に御相談させて頂いております。
一方で、難治性喘息の方には10年前から使用している薬ですので、大きな副作用の心配はないと考えます。

2月15日





インフルエンザ&新型コロナウイルス対策 にじいろジーン フジTV

インフルエンザ&新型コロナウイルス対策に関して、フジTV にじいろジーン でコメントさせて頂きました。伊藤あさ子様に共演して頂き、楽しい時間を頂きながら勉強させて頂きました。インフルエンザも新型コロナウイルスも飛沫感染、接触感染対策では同様です。今年は皆様の意識が高いので、インフルエンザ大流行になっていないのかもしれません。

2月15日



新型コロナウイルス疑い患者さんの検査 TBSまるっとサタデー

新型コロナウイルス疑い患者さんの検査 TBSまるっとサタデーでコメントさせて頂きました。
発熱や咳という新型コロナウイルス疑いの患者様は、インフルエンザ疑いと同様に対応させて頂きます。待合室でなく、検査室におとおしして、インフルエンザ陰性でしたら、レントゲンと血液で炎症のチェック、肺炎がありましたら、マイコプラズマ、レジオネラ、肺炎球菌の検査を行います。いずれも陰性ですと、膿性痰もなく、白血球低値でウイルス肺炎疑いなら保健所との相談になると考えます。

2月15日