コロナ流行下での花粉症 羽鳥慎一モーニングショー

TV朝日 羽鳥慎一モーニングショーでコロナ流行時の花粉症対策に関してコメントさせて頂きました。花粉症でも鼻汁、鼻閉だけでなく、微熱、咳、鼻閉から嗅覚低下も出る方がいらっしゃいます。先日も37.3℃の微熱、咳、鼻汁、鼻閉、咽頭痛で花粉症かコロナかわからないで心配と受診された方はPCR陽性でした。コロナと花粉症のか鑑別が難しいこともあること、不顕性感染で花粉症のくしゃみで周囲に拡散してしまうリスクがあること、御自分も目をかいて感染してしまう可能性もあることから、花粉症対策はしておりて頂きたいです。

初期療法として、抗アレルギー薬開始する時期となりました。最近では眠くならない薬もありますので安心です。重症花粉症の方でも、元々難治性喘息に使用していたゾレアというアレルギーを根本から抑える注射が保険適応になっております。

2月4日











年末年始の陽性率34% 羽鳥慎一モーニングショー

 TV朝日羽鳥慎一モーニングショーで年末年始の診療に関して、御報告させて頂きました。

12月30日、31日、1月1日、2日の4日間は、コロナ疑いの患者様、発熱、咳、息苦しさ、味覚嗅覚障害の方ばかりを拝見させて頂きました。驚くことに、有症状者の3名に1名はコロナです。陽性者のうち、3名はコロナ肺炎で入院、3名中2名は中等症から重症となりICU管理となりました。

陰性のうち、1名の方は心筋梗塞、心不全で、5か所の大病院で受け入れ不可能、私の大学病院時代の後輩が聖路加国際病院呼吸器内科におりますので、携帯電話に電話して受け入れて頂きました、。呼吸器内科と循環器内科で検査して、急性心筋梗塞で緊急手術です。




通常なら受け入れ可能な救急疾患である心筋梗塞が、コロナによるERやICU逼迫で救急搬送できなくなりつつあります。

緊急事態宣言発令で収束が見込まれればいいのですが。。。

1月4日以降の通常診療開始してからは、更に発熱難民増加、契約している検査会社もすでにキャパシティーオーバーと大変な状況です。

とはいえ、2021年は上半期の欧米のワクチン、下半期の日本製のワクチン登場に期待して、昨年より状況が改善して頂きたいものです。

そのために、1月および2月をもちこたえたいと考えます。

1月7日

心温まるお菓子のプレゼント

心温まるお菓子のプレゼントを頂きました。医療従事者を応援して下さってのことです。

マスクもついた可愛いお菓子です。元気を頂き、年末年始を乗り切りたいと考えております。

12月27日



年末年始の豊島区モデル 羽鳥慎一モーニングショー

TV朝日羽鳥慎一モーニングショーに久しぶりに出演させて頂きました。コロナ対応で追われており、クリニックからのリモート出演ですが、専門スタッフが用意してくださったおかげで、スタジオとの時間差もなく、コメントさせて頂きました。

年末年始は通常、クリニックは休診です。コロナ疑いの発熱患者様が中核病院を受診すると、中核病院での救急医療の役割が果たせなくなります。12月上旬から豊島区長の髙野様に御相談し、豊島区モデルを作成くださりました。医療を守る、クリニックを守って、中核病院である大塚病院を守り、ICUも守る、こうして発熱難民をださないようにするのが目的です。

東京都の補助以外に豊島区でも補助をだしてくださることになり、スタッフに還元できます。医療は医師一人ではできません。複数の受付スタッフと看護スタッフが必要です。

更に、区長はじめ、区の幹部が医療機関に御連絡くださった熱意が伝わり、現状30以上の医療機関が年末年始のどこかで診療する予定です。豊島区モデルが他の自治体でも広まって頂ければ幸いです。

当クリニックもスタッフと相談し、12月30日、31日、1月1日、2日の4日間は4時間の発熱外来をさせて頂きます。

年末年始を乗り切って、来年のワクチン(上半期に欧米からのワクチン、下半期に日本製のワクチン)期待したいところです。

12月27日









渋谷区歯科医師会講演会 肺炎を正しく恐れる コロナにどう勝つか?

渋谷区歯科医師で講演の機会を頂きました。肺炎を正しく恐れる コロナにどう勝つか? 大切か患者さん、大切なスタッフ、大切な家族、そして大切な自分とクリニックを守るために というタイトルです。コロナ禍ですので、少人数の先生方の前でのtalkとweb配信です。

歯科の先生方は、マスクを外した患者様の診療にあたり、多くの飛沫に曝露してしまいます。その中で、患者さんを守る、スタッフを守る、家族を守る、診療とクリニックを守る歯科医師の先生方の御質問は活発で、多くの元気を頂きました。

御声掛けくださった、渋谷区歯科医師会の先生方、久しぶりに再会した原元先生には心から感謝申し上げます。

12月12日




インフルエンザと新型コロナ TV朝日中居正広のニュースな会

インフルエンザと新型コロナに関して、TV朝日中居正広のニュースな会でコメントさせて頂きました。診療に合間でしたので、クリニックにスタッフが来て下さっての中継です。

ナビスタクリニックの久住先生が毎週出演していらっしゃる番組で、御一緒させて頂きました。

インフルエンザと新型コロナを症状で見極めることは困難です。嗅覚障害、味覚障害があれば、コロナに傾きますが、インフルエンザでも鼻閉で嗅覚障害を認めることがあります。

コロナが怖いのは、健康な高齢者または非高齢者でも重症化することがあることだと考えます。今週、米国で、ファイザーとモデルナ社から有効率95%のワクチンが報道されました。長期的な効果、安全性が認められれば、来年の今頃には、現在の脅威は落ち着いているかもしれません。

11月22日








絶対に休めない医師の体調管理 TV東京よじごじdays

絶対に休めない医師の体調管理に関して、TV東京よじごじdaysで密着取材を頂きました。

睡眠時間は6時間をきらない、昼寝をする、歯磨き4~5回・日、座る時間をなるだけ短くする、など医学論文で学んで取り入れ可能な事を実践しております。

以前、えごま農家をTV医療番組で取材した際に、農家の方々の血管年齢が若いことに驚いて、オメガ3の効果に期待して、ヨーグルトにえごま油をスプーン1杯入れて頂いております。薬丸様に贈りましょうか?と申し上げましたら、御自身で召上って下さるとのことでした。

11月20日